2014年11月30日

「神様感じるから鏡じゃない」のね。

ありがとうおじさんの話

明るい方から暗い方を見るのね。例えば、外が暗闇で、
透明なガラスだったら、部屋の中に電気が点いたら明るくなり、

鏡になるでしょう。でもお昼だと中に電気を付けても外の方が明るいから、
ガラスすごしに外の景色が見え、光が見えますよね。神様というのは、

「輝く姿」と「鏡の姿」の両方の働きをしてくれるのです。
自分が、本当の神様、根元の光の方へ向いた時、

「ありがとうございます」と向いた時は、回りが明るく見えるのね、
「神様感じるから鏡じゃない」のね。

 ところが神様に背向けた途端に、闇の方へ向くでしょう。
暗い方へ向くと、みんな鏡に見える。今の自分の心を

映す鏡になって環境が出てくる。だから「ありがとうございます」
と唱えている時は、輝いて見え出すのね。だから「ありがとうございます」を忘れると、

本当の神様を呼んでないと、自分が神様に背を向けている状態なの。
そうすると、その心境に応じて、回りにいろんな鏡に映る姿が見えてくるのです。

だから、神社の神様の御神体を鏡にしたのは、
そういう二通りの意味があるのね。「本当の輝きの姿を見て欲しい」

というね。また、「暗い方へ向いたら、鏡の姿で見せますよ。
反省してもう一回神様に向きかえってください」っていうような意味ね。
posted by マッチ at 21:26| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先ず 根本は「神様への感謝」なの

ありがとうおじさんの話

「徳」という漢字の読みは、ギョウニンベンに、
昔の字で直接の「直と心」と書いてあるんです。

だから、「直心を行ずる」(じきしんを行ずる)といいます。
「直心」というのは、「神様の根元の働き」を言うんですが、

「直霊」ともいいます。神さまの御心を行ずるのが「徳」なんです。
 だから、神様の働きが本当の意味の「徳」ですね。

その神様が、一瞬一瞬、新しい宇宙を創り続けているという働きそのものが、
本当の意味の「徳」です。「新たな全徳の無限の無限の輝きが一杯」
というのが、一瞬一瞬、神様の宇宙創造の姿なの。

その徳を頂くと自分のものになるのです。 でも、世間的に言うと、
「何か良いことをして徳を積む」という意味もありますね。
それは、特に「陰徳を積む」と言うんですけど、

まあ、神様の真似事をすれば、本当の「徳」に近づくんですね。
 でも、本当の徳は、「神様の働きそのもの」なんです。

 だから「自分が徳を積む」という場合でも、神様の徳を、
感謝の心を起こして受けた方がいいのね。 

感謝で受けるという方が大きい無限の徳を頂けるんです。
 逆に言い換えると「感謝することが大きい徳積み」です。 

この肉体使っていろんな世の為、人の為に尽くすことも良いのですが、
先ず 根本は「神様への感謝」なの。「ありがとうございます」

を唱える事が、本当の意味の大きい徳積みになって、
それが自然に具体化したら、世の中の為に必要なことを、

結果として「させて頂いている」という姿になるんです。
それが自然な「徳」の積み方ですね。
posted by マッチ at 07:20| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

一回一回の「ありがとうございます」が

ありがとうおじさんの話

感謝は呼吸なんです。「ありがとうございます」

と全部受けて同時に吐き出して神様にお返ししているんですね。
一回一回の「ありがとうございます」が

一番謙虚に全てを受け直しているんです。だから、
「ありがとうございます」には全部あるという意味は

そういう意味もあるんです、受けるのもお返しするのも
全部そろっている・同時です、だから、呼吸になっているんです。

 だから、「ありがとうございます」
を繰り返したら謙虚になって中心に立つ自分・
いつも神様を感じられる自分になります。
posted by マッチ at 21:32| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

「ありがとうございます」が一番効果が大きいと思うのね。

ありがとうおじさんの話

「ありがとうございます」が一番効果が大きいと思うのね。
大抵は「ありがとうございます」を普段唱えていたら、

出てくるものが先に消されて出て来なくなります。
仮に出てきても出てきた後で「ありがとうございます」

を唱えたら、もう過去にさかのぼって消してくれるし、
また未来に出てくる可能性のあるものを先に消してもらうんで、

段々と「どこに腹立つ思いがあったんかな」
と思う感覚も消えてしまうのです。はい。
posted by マッチ at 14:38| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

与える心だけを生きたら上りっぱなしになるんですけど・

ありがとうおじさんの話

この世の人はいろんな生活が生き方がありますけど、

お金儲けを考えたら損をするのはそこなんです。
お金を求めていますね。人の為に尽くすのはいいんです、

与えているから。その時は上の次元の門が開かれて
運命がどんどんよくなるようになっていくんです。

その時は上の門が開くからふっといいものが
降ってきてアイデアも湧いて幸せが降ってきます。

 ところがお金を求めると、その時に求めた心が
その場で足の下の門を開くんですね・・

落とし穴が待っているんです。
この世の人はそれで上ったり下がったりするんですね。

与える心だけを生きたら上りっぱなしになるんですけど・・
ギブ・アンド・テイクは上ったり下がったりです。
 
posted by マッチ at 22:00| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光の柱が立つんです。

ありがとうおじさんの話

答えを先にいうと感謝の心なんです。

お礼をするお礼を言う心・・お礼の言葉、
感謝の言葉なんです。
特に神様に対しての与えるものといったら、

それしかないんです。それでその感謝をお礼を
しっかり言い続けると門がどんどん開かれていくんです。

そして一番上とひとつに繋がって全部門が
開かれてしまうようになるんです。
それでその一番上から光がサーッと降り注いでくる・・

光の柱が立つんです。
これはものすごいことです
posted by マッチ at 13:24| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

心の目を開くのです。それが「ありがとうございます」ね、

ありがとうおじさんの話

本当の神様というのは「ありがとうございます」なんです。
神様は現実に愛の心で、例えば、この家にもなり、

このジュウタンにもなり、みんなをこうやって座らせてくれているのでしょう。
本当の神様は全部必要なものを変身してみんなを包み込んでくれているのです。

現実まで降りてくれないと、本当の神様とは言えないですね。 
奥にある働きはもちろんのこと、現実まで手を差し伸べて、

姿を変えて愛を実際感じさせてくれるのが本当の神様やね、
究極の神様ですね。

 「ありがとうございます」というのは、
そういう全てに存在する本当の愛の働きをする神様です。

最初は身近な神様よね。心の奥にいてるの、でも遠くに存在するけど、
身近にも存在する、全体に存在するというように、

その神様に包まれて自分はその中心に置かれているのです。
みんな無限の無限の大光体の中心に置かれてるのです。

「どこに闇があるか」というのが本当なのです。 
ただ、目を閉じたら光りは見えないから、

心の目を開くのです。それが「ありがとうございます」ね、
感謝して開くのです。
posted by マッチ at 21:12| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

「ありがとうございます」を唱えたら

ありがとうおじさんの話

「神様から全てが与えられてくる」という、「
その無限の無限のチャンネルを楽しむ為に与えられてる」

というように、どんな地獄番組でも、楽しむ為だったら、
別にマイナスに見えないですね。それでその低い番組を見ることによって、

謙虚な心になれますね。それと比較して、
いろんな姿を眺めたらみんなプラスに見えてくるでしょう。 

だから、いろんな方法でプラスに見える練習をすれば、
もう自然に腹の立たない状態になってくると思うんです。

そしたら、感情がスッと鎮まり、
安らかになってきます。でも、どうしても出来ない時は

「ありがとうございます」が一番効果が大きいと思うのね。
大抵は「ありがとうございます」を普段唱えていたら、

出てくるものが先に消されて出て来なくなります。
仮に出てきても出てきた後で

「ありがとうございます」を唱えたら、もう過去にさかのぼって
消してくれるし、また未来に出てくる可能性のあるものを

先に消してもらうんで、段々と「どこに腹立つ思いが
あったんかな」と思う感覚も消えてしまうのです。
posted by マッチ at 17:05| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉を支配したら、心はいつでも自由に支配できるんです

ありがとうおじさんの話

イメージの中心・思いの中心・心の中心が「言葉」なんです。
核になるのが「言葉」なんです。 だから、

言葉を変えたら心の状態・イメージが変ります。
でも最初から「イメージする」というのは、難しいのね。 

だから、言葉を抜きにして「イメージ通り」と言っても、
なかなか大変なんです。 心でも、コロコロ変って変えがたい。

自分で心を航して支配してでも難しいですね。 
でも、言葉を支配したら、心はいつでも自由に支配できるんです。
posted by マッチ at 09:43| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ありがとうございます」って唱えていたら

ありがとうおじさんの話

最高の新しいものを受け直す、これが「全託」です。
だから、「ありがとうございます」というのは、

「全託行ね」。今迄に受けたもの全部お返しして、
新たに最高のものを受け直している。その練習をしているのす。

ただ中身は一足飛びには最高まで行かないから、
段々と置き換えしてもらうのね。「ありがとうございます」

を繰り返している内に、掴んでいるものを離しやすくなるし、
どんどんどんどん消してもらって、過去に囚われない自分に必ずなってくる。

それで新しい良いものを、たくさん受けられるように、感じられるようになってくると、
自然に離すしかなくなってくるのです。新しいものの方がいいのよね。

それも常に、無限の無限の輝きとして、新しい宇宙がどんどんどんどん生まれてくる、
心太(ところてん)式に押し出されて来ているのです。

それを受けない方が本当はおかしいのね。実際は、太陽の無限億万倍の大光体が、
もの凄いスピードで押し寄せてくるようなものよね。

この世の太陽より、もっともっと大きい幸せの塊が、
どんどんどんどん神様の方から降り注いできてるのですよ。

「早くそれを受け取れる自分になる」というのが大事なのね。
それが「ありがとうございます」を繰り返して唱えている内に、

受けられる自分になるのです。それも「早く受けたい」
と思わんでもいいの、自然に変えてもらえるからね。

「ありがとうございます」って唱えていたら、神さんが全部してくれる。
これはもう、自力じゃないし、他力じゃないし、

「神様の絶対力」の働きなので、自分がどういう状態でも関係ないのです。
「ありがとうございます」を唱えたら、助けが受けられる。
posted by マッチ at 23:00| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今見ている世界は、本当に移り変わる姿として、遠く離して眺めないと、

ありがとうおじさんの話

「無限の無限の幸せが一杯」というのです。
その言葉を使い続けたら、いつも幸せを受けられるでしょう、

無限の無限の幸せをね、それだけをまた大肯定出来るでしょう。
 そういう生き方が本当は正しいの。小さい幸せは相手にしない方がいいのよ。

小さい幸せを掴むとね、大きいものを見失うのです。
「この世が全て」と思うと、無限の次元の他の世界がわからなくなるから、

もちろん最高表現もわからなくなるのね。この世に執着する、
掴む事も間違いだし、またこの世の中の小さいものを、

もう一つ小さく掴むのも間違いよね。
今見ている世界は、本当に移り変わる姿として、遠く離して眺めないと、

掴んだら駄目なんですね。もう自然にさらさら流すような感じで、
遠く離れて眺めるというようにね。

「光源」をしっかり認めて、
それで最高表現を認めていく。

「光源」を見ながら光の流れを眺めるんだったら、
引っかからなくなるのね
posted by マッチ at 17:51| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

暗い方へ向いたら、鏡の姿で見せますよ。

ありがとうおじさんの話

明るい方から暗い方を見るのね。例えば、外が暗闇で、

透明なガラスだったら、部屋の中に電気が点いたら明るくなり、
鏡になるでしょう。でもお昼だと中に電気を付けても外の方が明るいから、

ガラスすごしに外の景色が見え、光が見えますよね。
神様というのは、「輝く姿」と「鏡の姿」の両方の働きをしてくれるのです。

自分が、本当の神様、根元の光の方へ向いた時、
「ありがとうございます」と向いた時は、回りが明るく見えるのね、

「神様感じるから鏡じゃない」のね。
 ところが神様に背向けた途端に、闇の方へ向くでしょう。

暗い方へ向くと、みんな鏡に見える。今の自分の心を映す鏡になって
環境が出てくる。だから「ありがとうございます」

と唱えている時は、輝いて見え出すのね。
だから「ありがとうございます」を忘れると、

本当の神様を呼んでないと、自分が神様に背を
向けている状態なの。そうすると、その心境に応じて、

回りにいろんな鏡に映る姿が見えてくるのです。
だから、神社の神様の御神体を鏡にしたのは、

そういう二通りの意味があるのね。
「本当の輝きの姿を見て欲しい」というね。また、

「暗い方へ向いたら、鏡の姿で見せますよ。
反省してもう一回神様に向きかえってください」っていうような意味ね。
posted by マッチ at 17:13| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

「本当の神様の名前を呼んでる」ことになります。 

ありがとうおじさんの話

「ありがとうございます」って、

「本当の神様の名前を呼んでる」ことになります。 
いつも神様を呼ぶと、いつも神様が身近に現れて、

必要な助けを与えて包み込んでくださる感覚になってきます。
そして、他のマイナスの思いを出さずに済みます。

そういう意味では「ありがとうございます」
が一番良いのだと思います。

宇宙全体が無限に輝いているという感じで、
そういう感覚で呼べば良いのです。
posted by マッチ at 20:06| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

根本は「神様への感謝」なの。

ありがとうおじさんの話

「徳」という漢字の読みは、ギョウニンベンに、昔の字で直接の
「直と心」と書いてあるんです。
だから、「直心を行ずる」(じきしんを行ずる)といいます。

「直心」というのは、「神様の根元の働き」を言うんですが、
「直霊」ともいいます。神さまの御心を行ずるのが「徳」なんです。

 だから、神様の働きが本当の意味の「徳」ですね。
その神様が、一瞬一瞬、新しい宇宙を創り続けているという働きそのものが、

本当の意味の「徳」です。「新たな全徳の無限の無限の輝きが一杯」というのが、
一瞬一瞬、神様の宇宙創造の姿なの。その徳を頂くと自分のものになるのです。 

でも、世間的に言うと、「何か良いことをして徳を積む」
という意味もありますね。それは、特に「陰徳を積む」と言うんですけど、

まあ、神様の真似事をすれば、本当の「徳」に近づくんですね。 
でも、本当の徳は、「神様の働きそのもの」なんです。 

だから「自分が徳を積む」という場合でも、神様の徳を、
感謝の心を起こして受けた方がいいのね。 

感謝で受けるという方が大きい無限の徳を頂けるんです。
 逆に言い換えると「感謝することが大きい徳積み」です。 

この肉体使っていろんな世の為、人の為に尽くすことも良いのですが、
先ず 根本は「神様への感謝」なの。

「ありがとうございます」を唱える事が、
本当の意味の大きい徳積みになって、それが自然に具体化したら、

世の中の為に必要なことを、結果として「させて頂いている」
という姿になるんです。それが自然な「徳」の積み方ですね。
posted by マッチ at 11:12| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。