2014年04月03日

正しい生き方とは、『与える』生き方です。

ありがとうおじさんの話

正しい生き方とは、『与える』生き方です。間違った生き方とは、

「求める」生き方です。『与える』生き方は、心に徳(貯金・プラス)を積み重ね、
感謝・幸せ・喜び・安らぎで一杯になるのです。「求める」生き方は、

心に業想念(借金・マイナス)を積み重ねて、不平不満不足の心に陥り、
七難八苦で一杯になるのです。

 正しい信仰とは、神さまと自分との関係を、常に一対一の状態に置くことです。

神さま以外の何物をも、見ざる・聞かざる・言わざるの行に
徹することです。自分の他には神さましか存在しないのである、という心の状態になることが、

正しい信仰の根本です。その為には神さまのことだけを、
思い続け・思い詰めることが必要です。心を尽くし・思いを尽くし・精神を尽くし

・力を尽くして、内なる神さまを愛するのです。即ち先ず自分の心の奥に
神さまを見出すのです。そして内なる神さまを褒め讃え、

謙虚な心で感謝し、いつも無限の無限の幸せで一杯ですと喜ぶのです。
神さま以外のことに心を奪われ、神さまのことを忘れているようでは、

未だ一歩も、正しい信仰に足を踏み入れていないのです。人は二人の主に
仕えることはできないのです。神さまが与えようとしている、全

徳の無限の無限の輝きを感受する為には、自分の生命をも神さまに
捧げ尽くそうとする、真摯な心の姿勢が必要なのです。 
posted by マッチ at 19:00| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。