2014年08月06日

無限の無限の大光明という立場に立つ時は

ありがとうおじさんの話

人にとって大切なことは、
天浮橋(相対の両極)に立つということです。

無限の無限の大光明という立場に立つ時は、暗闇に対して、
光を投げ与えるだけでよいのです。

暗闇から光を求めることは、全く必要が無いのです。
報いを求めずに、ただ与えるだけでよいのです。

これは愛の心の一面の、『思いやり』に相当するわけです。
反対に暗闇の立場に立つ時は、無限に小さい光をも、

何と素晴らしい光であることよ!と褒め讃え・感謝し・喜んで、
自分の心の中にしっかりと包容すればよいのです。

全大宇宙のすべてのものを、素晴らしく感じて、

心にしっかりと包容することは、愛の心のもう一面の、
『寛容』に相当するわけです。
posted by マッチ at 19:59| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。