2014年11月17日

今見ている世界は、本当に移り変わる姿として、遠く離して眺めないと、

ありがとうおじさんの話

「無限の無限の幸せが一杯」というのです。
その言葉を使い続けたら、いつも幸せを受けられるでしょう、

無限の無限の幸せをね、それだけをまた大肯定出来るでしょう。
 そういう生き方が本当は正しいの。小さい幸せは相手にしない方がいいのよ。

小さい幸せを掴むとね、大きいものを見失うのです。
「この世が全て」と思うと、無限の次元の他の世界がわからなくなるから、

もちろん最高表現もわからなくなるのね。この世に執着する、
掴む事も間違いだし、またこの世の中の小さいものを、

もう一つ小さく掴むのも間違いよね。
今見ている世界は、本当に移り変わる姿として、遠く離して眺めないと、

掴んだら駄目なんですね。もう自然にさらさら流すような感じで、
遠く離れて眺めるというようにね。

「光源」をしっかり認めて、
それで最高表現を認めていく。

「光源」を見ながら光の流れを眺めるんだったら、
引っかからなくなるのね
posted by マッチ at 17:51| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。