2014年11月19日

心の目を開くのです。それが「ありがとうございます」ね、

ありがとうおじさんの話

本当の神様というのは「ありがとうございます」なんです。
神様は現実に愛の心で、例えば、この家にもなり、

このジュウタンにもなり、みんなをこうやって座らせてくれているのでしょう。
本当の神様は全部必要なものを変身してみんなを包み込んでくれているのです。

現実まで降りてくれないと、本当の神様とは言えないですね。 
奥にある働きはもちろんのこと、現実まで手を差し伸べて、

姿を変えて愛を実際感じさせてくれるのが本当の神様やね、
究極の神様ですね。

 「ありがとうございます」というのは、
そういう全てに存在する本当の愛の働きをする神様です。

最初は身近な神様よね。心の奥にいてるの、でも遠くに存在するけど、
身近にも存在する、全体に存在するというように、

その神様に包まれて自分はその中心に置かれているのです。
みんな無限の無限の大光体の中心に置かれてるのです。

「どこに闇があるか」というのが本当なのです。 
ただ、目を閉じたら光りは見えないから、

心の目を開くのです。それが「ありがとうございます」ね、
感謝して開くのです。
posted by マッチ at 21:12| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。