2015年08月21日

思いの心(求める心)はどこまでもどこまでも、自分自身を

ありがとうおじさんの話

思いの心は自分の見ている番組だけではなく、
他の人の見ている番組のマイナスの情報まで取り込んで、

さらに自分の心を傷つけ、苦しみを無限に大きくしてゆくのです。
実に愚かです。思いの心(求める心)はどこまでもどこまでも、自分自身を

不幸のどん底へと追いやっているのです。本当に幸せになりたいので
あれば、感謝の心を徹底して生きなければならないのです。

 思いの心を満足させる小さな生き方ではなく、無限の無限の幸せが無限に

無限に一杯という大きな幸せをつかめる感謝の真祈りを
実行しなければならないのです。感謝の真祈りをいのちがけで、祈りに祈って、

無限に無限に輝いた自分となり、すべての思いを消し去って、常に無限
の無限の幸せが湧き上がるようにならなければ本物では無いのです。
posted by マッチ at 19:44| Comment(0) | ありがとうおじさんの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。